ガードルにはどんな効果があるの?30代に適した選び方のポイントとは?

30代になると気になるぽっこりお腹やヒップのたるみ。下半身の体型の乱れが気になり始めると、ガードルを試してみたくなりますよね。

でも、ガードルの効果について詳しい方は少ないのではないでしょうか?

引き締め効果でウエストを細くみせたり、ヒップアップをサポートしてくれるものぐらいのイメージだと思います。ですが、ガードルの効果はただ単にスタイルを良く見せるだけではありません。

実は、健康にも美容にも効果があるんです(*゚∀゚*)!

そこで、今回はガードルを試してみたい・始めてみたい方に向けて、ガードルの補正効果について詳しく解説していきます。また、30代女性のからだに適したガードルの選び方も解説しますので良かったら参考にしてみて下さいね。

知って納得!ガードルの補正効果。

それでは、知ってるようで知らないガードルの効果について見ていきましょう。

ガードルには3つの補正効果があります。

体の不調を改善できる

アンチエイジング効果

スタイルアップ効果

こちらの3つのポイントについてそれぞれ解説していきます。

ガードルには体の不調を改善できる効果がある。

ガードルには、出産した時に開いてしまった骨盤を引き締めてくれる効果や日常生活で徐々に歪んでしまった骨盤を元の正しい位置へと矯正してくれる効果があります。

骨盤を矯正すると5つの嬉しいメリットがあります。

・血行の流れが良くなり冷え症むくみが解消する。

・新陳代謝が活性化され、脂肪が燃えやすくなることで痩せやすい体質になる。

・腸の働きが良くなるので便秘が改善できる。

・デトックス効果が高まることで、体に老廃物が溜まらず、ニキビが出来にくくなるから美肌に繋がる

・骨盤が正しい位置に戻ることで自然と姿勢が良くなり、姿勢の悪さからくる慢性的な肩こり・頭痛・腰痛が改善される。

女性にとってどれも当てはまる悩みですよね…(^◇^;)

美容や健康にも効果があることを知って、俄然ガードルを試してみたくなったのではないでしょうか?

では逆に、骨盤が歪んだままだとどんな影響があると思いますか?

骨盤の歪みを放置するとぽっこりお腹はどんどん悪化します。なぜなら、骨盤が開く・歪むことがぽっこりお腹の原因に繋がっているからです。

骨盤は内臓を支える役割があり、開いたり・歪んだりしてしまうと内蔵を支えきれず、内臓はどんどん下へ下がっていきます。柔らかい方へ柔らかい方へ下がっていった結果、ぽっこりお腹が育ってしまうということです。なので、ぽっこりお腹が悪化する前に放置せず、早めに骨盤の歪みを改善することが得策です。

他にも、こんな症状の原因に繋がっています。

骨盤が歪むと新陳代謝が低下して、

⇒便秘気味になる。

⇒生理不順や生理痛がひどくなりやすい。

⇒痩せにくくなってしまう。

⇒血液の循環が悪くなり、冷え症に繋がる。

こうして見ると骨盤の機能はとても重要だということが伝わったかと思います。

スタイルだけでなく、カラダの機能にまで影響がある骨盤の歪み。健康や美容のためにも骨盤の歪みを矯正する必要があるのです。

ガードルにはアンチエイジング効果がある。

加齢に伴い筋力が低下していくことで、自分の体だけでは脂肪を支えることが難しくなっていきます。

バストはブラジャーによって支えられていますが、おしりや太ももは野放しの状態の方が多いと思います。このまま野放しにしていては脂肪が流れていき、ヒップのたるみやムチムチ太ももがより成長してしまいます。

なので、おしりや太ももを支えてくれるガードルを着用して、自分の体の代わりに脂肪を支えてあげる必要があるのです。

ガードルは下半身のお肉を正しい位置(理想的なライン)に支えてくれるので、お腹まわりやヒップ、太ももに無駄なお肉が流れないように防止してくれる効果があります。

年齢を重ねるごとに脂肪が下垂していくのを食い止めるために、ガードルを身に付けてアンチエイジング対策をしましょう。

ガードルにはスタイルアップ効果がある。

ガードルを毎日着用し続けると、ウエストや太ももが細くなっていきます。その理由は、ウエストや太ももに付いていた余分な脂肪をなくすことが出来るからです。

「太もも」を例に説明すると、

おしりのお肉が下へ流れていく⇒太ももが太くなる

ガードルを着用して太ももに流れてしまったおしりのお肉を元の位置に戻してあげる
⇒太ももが細くなる、ヒップアップに繋がる!

つまり、脂肪を正しい位置(元の位置)に戻してあげることで、自然と20代の頃のようなシルエットに戻ることが出来るからスタイルアップ効果があるのです。

ただし、毎日着用し続けることが肝心です。脂肪には形状記憶する機能が備わっていますが、短期間では定着しません。ガードルを毎日着用して、脂肪が正しい位置に定着するまで続けることが大切です。

ガードルの効果 まとめ

ガードルの効果について、一度整理しておきましょう。

・骨盤の歪みを矯正することで、体の不調を改善してくれる効果がある。

・脂肪の下垂を防止するアンチエイジング効果がある。

・毎日着用することでウエストや太ももをスリムに出来るスタイルアップ効果がある。

骨盤矯正のメリットやエイジング対策に繋がる点など心に響くことばかりですよね。30代からガードルを着用して、早めの対策をしてみてはいかがでしょうか?

30代に適したガードルの選び方とは?

ここまで、ガードルを着用するとどんな効果が得られるのかをお伝えしました。

体型の乱れを補正してくれるだけでなく、美容や健康にも繋がるガードルは魅力的ですよね。

では、ガードルの必要性が分かったところで、次に購入する前に見ておきたいガードルの選び方のポイントについて見ていきましょう!

ガードルの選び方のポイントはこちらの3つです。

・股下丈と履き込み丈が長い「ロングタイプ」がオススメ。

・サイズは購入前にしっかり測り、ピッタリ合ったサイズを選ぶ。

・伸縮性・通気性が良いものを選ぶ

30代女性の口コミ・レビューを参考に、実際に使用してみて気になった点や次回リピートする時に気を付けたい点など買ってみてから分かるガードルの使用感を交えて、ガードルの選び方のポイントを解説していきます。

股下丈と履き込み丈が長い「ロングタイプ」がオススメ。

股下丈 履き込み丈 効果
ショーツタイプ 足の付け根まで 腰の辺りまで 骨盤矯正
セミロングタイプ 股下から15cm程 股上から17cm程 骨盤矯正
ヒップアップ
ロングタイプ 股下から15cm程 股上から22cm程 骨盤矯正
ヒップアップ
ウエスト補正

ガードルは、股下丈と履き込み丈の長さが違うことによって効果が変わります。

丈が長いほど補正してくれる範囲が広がり、効果が増えているのが分かると思います。ぽっこりお腹やヒップのたるみが気になる30代としては、ロングタイプまでの効果が欲しいところ。洋服に合わせて丈が短いガードルを選ぶよりも、体型の悩みに合わせたロングタイプのガードルを選びましょう。

丈に関しての口コミやレビューを見ていると、このような失敗談をよく見かけました。

【30代女性の失敗談】

・セミロングタイプだとお腹のお肉が乗っかってしまう。

・おへそ下くらいの丈だとお腹の太さでフチが捲れて上がってしまう。

・ショーツタイプだとおしりのお肉がはみ出してしまう。

失敗談を参考に、30代女性が欲しいと思うガードルの特徴をまとめると

「おへそまで隠れるくらいの丈があり、裾やフチが捲れあがらないガードル」

という結論に至りました。

そこで、参考としてオススメしたいのは『 総レース骨盤ガードル【スーパーロング丈】 』。

すっぽりおへそまで隠れる履き込み丈があり、裾やフチが捲れあがらないと評判のガードルです。一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

お腹がすっぽり隠れるガードル⇒総レース骨盤ガードル【スーパーロング丈】

サイズは購入前にしっかり測り、ピッタリ合ったサイズを選ぶ。

ガードルはピッタリなサイズに合わせて着圧を調整して作られています。

ピッタリなサイズを着用すると丁度いい締め付け感で履いていて気持ちがいいです。

より細く見せたいからといってワンサイズ小さいガードルを選んでしまうと、強い着圧によって血行の巡りが悪くなってしまい、むくみや冷え症の原因になってしまうのでやめましょう。

また、サイズを測らずに注文して、サイズが大きいものを注文してしまうと、タイツと変わらなくなってしまいます。笑

ですので、まずは自分の体にピッタリなサイズを選ぶためにもサイズの測定を行いましょう。

◇正しいサイズの測り方◇

【ウエスト】
お腹の力を抜いた状態で、ウエストが一番細いところを測定する。
(鏡を見ながら水平に測るのがポイント!)

【ヒップ】
おしりのふくらみが一番高いところを測定する。
(鏡を見ながら水平に測るのがポイント!)

正しい測定が出来ましたら、商品ごとのサイズ表に従って自分にピッタリなサイズのガードルを選びましょう。くれぐれも測らずに購入しないように(=∀=)笑

伸縮性・通気性が良いものを選ぶ。

ガードルを履きたいタイミングとしては、やっぱりお出かけ中やお仕事中ですよね。長時間着用することを考えると、伸縮性と通気性は重要なポイントとなります。

伸縮性が良いガードルは一日中着けていても程よい締め付け感で気持ちいいですし、脱着しやすいのでトイレに行く時も困りません。また、通気性が良いガードルは蒸れたりかゆくなることもなく快適です。

トイレが大変、かゆみが気になるといった些細なことでも着けるのを辞めてしまう原因になります。普段使いとして着用を検討している方は伸縮性・通気性ともに要チェックです。

【ワンポイントアドバイス】

ストッキングを一緒に履く場合は先にガードルを着用する。(着圧が弱まって効果が薄れるため)
なので、クロッチ付の一枚履き可能なガードルを選ぶのが良い。
(一枚履きに抵抗がある方は、パンティライナーを敷いて直履きするorTバックを下に履くのがお勧め)

ガードルの効果と選び方のポイント まとめ

最後に今回の記事のポイントをまとめておきますね。

【ガードルの効果】

・骨盤の歪みを矯正することで、体の不調を改善してくれる効果がある。

・脂肪の下垂を防止するアンチエイジング効果がある。

・毎日着用することでウエストや太ももをスリムに出来るスタイルアップ効果がある。

毎日着用するだけで、体調改善やスタイルの改善に繋がる優れもの。30代から始めるエイジングケアの一つとして試してみる価値がありますよ。

【30代に適したガードルの選び方】

・お腹・ヒップ・太ももをカバーできるロングタイプがおすすめ。

・購入前にサイズを測り、ピッタリ合ったサイズのガードルを選ぶ。

・長時間着用することを考え、伸縮性や通気性の良いガードルを選ぶ。

少しでも着け心地が気に入らないポイントがあっては、ガードルを着用しなくなってしまうでしょう。せっかく体型を改善できるチャンスなのに、選び方に失敗しては残念な結果に終わってしまいます。こちらの3つのポイントに注目して美しいボディラインを手に入れましょう!(*^▽^*)

【おすすめのガードルは?】

これまでお伝えしたガードルの選び方のポイントは下記の5つです。

・お腹まですっぽり隠れる履き込み丈

・ヒップや太ももをサポートできる長い股下丈

・伸縮性が良く脱着がしやすい

・通気性が良く蒸れない

・クロッチ付の一枚履きが可能

この5つのポイントに適合するガードルはこちらです。


総レース骨盤ガードル【スーパーロング丈】
価格:¥1,880(税込)

気軽に試せるお値段なので、これからガードルを始めたい方にピッタリだと思います。良かったらチェックしてみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました(*^-^*)ゞ

※記事に使用している画像は「tu-hacci」さんの許可を得て使用しております。